真駒内・芸術の森緑の回廊基金の活動報告を公開しています

森へようこそ
緑の回廊基金
真駒内・芸術の森緑の回廊基金のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
春の桜山散策 報告
2022.05.21
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため3年ぶりに、5月21日午前中は天気に恵まれ、無事に開催することができました。講師の島田恵実さんに花や木のことを教えていただきながら、エゾハルゼミの鳴き声が森の中を響く中、南コースの散策を楽しみました。
 クルマバソウやチゴユリの白い花が咲き、ギンランやフデリンドウの薄紫色の花がちらほら見られました。春型と秋型の頭花をつけ、散策でお馴染みのセンボンヤリの春型の花もありました。また、葉緑素を持たない「菌従属栄養植物」のサカネランが1本だけ見られました。
 キビタキやセンダイムシクイのさえずりは一か所で聞こえましたが、野鳥の声は昔ほど聞こえませんでした。また以前はたくさん目にしたマイヅルソウの群落は1か所でしか見られませんでした。
 クルマバソウやオククルマムグラの花の特徴、ギンランの同定の仕方、ツクバネソウの花の構造、サカネランの同定方法等々説明いただき、知識を深め、野の花の巧妙さに触れることができた2時間でした。ご参加の8名の皆様、環境プラザから視察にいらした2名の方、お疲れ様でした。
 散策でみつけた花のリストを毎年作成していますが、過去の記録と比較でき、変化がわかり、今後も継続して開催したいと思っています。

次の記事を見る
真駒内・芸術の森緑の回廊基金のトップに戻る